タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャリ通と稽古の日々



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

9月9日 少林寺拳法って

2012.09.10(16:26) 854

本日のお勉強、少林寺拳法でございます。
IMG_8190_convert_20120910094202.jpg
少林寺拳法っていうと大概の人は「クリリンみたいなお坊さんがハッ!ハッ!って突いたり蹴ったりする中国拳法ね」ってイメージだと思います。ボクもそうでしたから。

しかし、”少林寺拳法”は戦後に日本で確立された武道なんですよね。詳しくはググってください。
素人なりに理解すると「みんなで平和に暮らしましょう」「相手のことを思いやりましょう」「でも万が一攻撃されたら自分の身は自分で守りましょう」「力なき正義は無力」ってとこでしょうか。専門家の方、違ってたらごめんなさい。

相手の攻撃を、受けて、かわして、突いて、蹴って、関節決めて、転がして、また蹴る、みたいな・・・。
護身術といっても、やられたらとことんやり返す、結構えげつない総合格闘技ですね(笑)

2年前は、香川県にある総本山から会長をお迎えしての講習でしたが、
今回は会長よりも年上で少林寺拳法界の重鎮、大範士九段のT先生をお迎えしての講習会です。
少林寺拳法の歴史のなかでも九段というと、故人も含めて12~3人しかいないそうで、
そのなかでも、道場で実際に動いて指導されている方はT先生含め数人だそうです。

御年73歳 相手の攻撃を最小限の動きで一瞬にかわし、すかさず繰り出される突きや蹴り。
まったくよどみなく、流れるような動きとはまさにこのこと。
IMG_8197_convert_20120910094231.jpg

指一本で、関節決められて
IMG_8222_convert_20120910094248.jpg

そこらじゅうを引きずり回されてました
IMG_8239_convert_20120910094304.jpg

せっかくの機会なので「恐れながら、ボクにもご指南を」と技をかけていただきましたが、
「ウギャッ!」と一瞬で無力化されました。人差し指が折れそうでした。
失礼ながら、このジジイには間違っても喧嘩を売ってはいけません。

まあ、もともと喧嘩を売られるなんてことは絶対にないであろう、そのにこやかで柔和な表情。
陽気で話題も豊富、誰からも愛されるそのお人柄。技術はもちろん、人物的にも超一流のT先生。
毎回思いますが、いずれの道の大先生も例外なく素晴らしいお人柄の方ばかりです。
長い間の修行がそうさせるのか、人物が優れているから苦しい修行を乗り越えられるのか。
いずれにしても、武道の凄さと素晴らしさを改めて勉強させていただきました。
T先生、本当にありがとうございました。これからもお元気で。
スポンサーサイト

チャリ通と稽古の日々



<<9月10日 本日出稽古 | ホームへ | 9月6日 本日稽古>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koukeihaya.blog85.fc2.com/tb.php/854-f63c4c33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。