タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャリ通と稽古の日々



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

世界に1台のロードバイクを組む

2012.01.25(09:29) 717

スタジオ・タック・クリエイディブ編集、発行
「好きなパーツを選んで、自分で、世界に1台のロードバイクを組む」読みました。
IMG_6499_convert_20120125083527.jpg

ロードバイクブームも絶好調になってきた2~3年前、
MTB志向でロード初心者の編集者が
初めてロードバイクを手に入れようと決意し、
わざわざイタリアに出かけ、老舗から大手のメーカを取材し、
自分なりに頭の中で好みのバイクを模索し
日本に帰って自分でバイクを組み上げる過程を紹介しています。

メーカー取材は、マージ、デローザ、カザーティ、ビアンキ、ピナレロ、
カレラ、コルナゴ、チネリ、カンパニョーロ、バッタリン(初めて聞いた)。
良く言えば「素人でも分かりやすく簡潔に紹介している」
主要人物や工房や作業工程の写真もふんだんに使っており
ホントに取材したんだなと一目で分かります(笑)

後半はいよいよロードバイクを組むところ。
コルナゴ・マスターXライトにカンパ・コーラス11sを組みつけていきます。
展示品で塗装欠けのあるフレームを40%OFFで購入したり
作業中、エルゴパワーを地面に落としてカーボン部分に傷が付いたりと
悪戦苦闘の様子が綴ってあります。

素人には勇気の出る、読んでほんわかする内容でもありました。
メンテナンス本も多く出だしている出版社らしく
作業工程の写真も、そんな感じでした。

玄人が見たら大笑いするであろう初心者向けの本でしたが、
ボクのようなど素人でも「自分でロードバイク組んじゃおうかな」
と一瞬思わせてくれる内容ではありました。

写真が多い(文章が少ない)ので、1~2時間であっという間に読めました。
これで1500円は・・・。図書館ならではの1冊でした。





スポンサーサイト

チャリ通と稽古の日々



<<1月27日 本日のローラ台 | ホームへ | ランス・アームストロング>>
コメント
相変わらず活字と仲良くされていますね。^^
尊敬します。

面白そうで、大変興味をそそられる本ですが、
経済的余裕の無い今の私には悪書ではない?ですか?
読んじゃっても大丈夫でしょうか(笑)^^;

あ、ランスの動画データ、
もし可能なら私も・・・なんとか・・・お分けして戴けないかと(^^;)
【2012/01/25 12:22】 | Fumi #- | [edit]
Fumiさん こんばんは♪
経済的余裕のないボクが読んでも
「あ~コルナゴが欲しくて欲しくてたまらないわぁ、
ポチっとしちゃいましよv-10
とはなっていないので、どうぞお読み下さい(笑)

ランス動画の件、また連絡しま~す。v-222
【2012/01/26 02:25】 | koukeihaya #4jeLTJQM | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koukeihaya.blog85.fc2.com/tb.php/717-f71e2520
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。