タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャリ通と稽古の日々



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

10月25日 朗報

2011.10.26(01:50) 639

YAHOOのトップページに気になるニュースが出ました。
WS0000034.jpg
以下抜粋

<自転車>車道走行促す 歩道は原則禁止 警察庁が対策強化
毎日新聞 10月25日(火)20時40分配信

【左】これまでの自転車走行【右】「総合対策」が例示した自転車走行
WS000035.jpg
自転車の交通ルール違反が後を絶たず、事故も多発していることから、警察庁は25日、
自転車の原則車道走行を促すことを柱とする自転車交通総合対策をまとめ、全国の警察本部に通達した。
自転車通行が可能な歩道を減らすとともに自転車レーンの整備を進めることにより、
自転車と歩行者の分離を図り、悪質で危険な運転の取り締まりも強化する。
歩道走行を事実上容認してきた従来の姿勢を転換した。


うーん、素晴らしいというか当たり前というか。
まあ、高度経済成長にともない自動車優先社会になって50年近く。
自転車は歩行者の仲間などといった間違った認識を植えつけられてきた我々日本人ですが
いい加減間違いに気づいてもいい頃でしたよね。
警察が間違いを潔く間違いを認めて、このような通達を出したことは真に喜ばしい。

愛読している疋田智氏のメールマガジン「週刊 自転車ツーキニスト」でも
興奮気味にヒキタ氏が語っておられます。

以下抜粋

●交差点で自歩道同士をつなぐ、自転車横断帯の撤去
(! ヒキタ註:左折巻き込み事故の元凶となっていたあの横断帯をやめるというのだ。
これはいわば昭和53年以来の警察ポリシーを否定することでもある)
●パーキングメーター等を撤去
(! ヒキタ註:これまた驚き。自転車にとって、元来、あんなに危ないものはなかった。
ただし“利用率の低いもの”という但し書きがあるのが残念なんだが)
●自歩道箇所の見直し
(! ヒキタ註:これまたスゴい話で、全歩道の4割にも達していた自歩道を、
原則的に「必要のない自歩道」は廃し、自転車を原則車道とする。
つまり今よりも自歩道が激減することになる)

 このほか、
●損害賠償責任保険等の加入の必要性を、自転車利用者に啓発(ヒキタ註:地味に画期的)
●ヘルメット着用の促進(ヒキタ註:地味に画期的)
自動車等が通行する車線を減らすことによる自転車道等の整備を検討
(ヒキタ註:実現性をどう担保するか)
●学校教育、自動車免許更新時講習などでの、自転車安全教育の推進
(ヒキタ註:内容次第)
●「自転車安全利用五則」の徹底(ヒキタ註:いつも通り)

 などについて言及した上で、

●自転車に対する取り締まりの強化
(ヒキタ註:例のピストについては、名指しで「厳正に対処すること」と書いてある)
●交通ボランティアなどと連携した街頭活動の強化

 などがついてくる、というわけだ。


いままでも、ヒキタ氏のご高説には感銘を受けていたので、
今回のこのニュースには少なからず喜びを感じた次第です。
と、まあ、単純に自転車が安全に快適に乗れる環境に近づくのは有難いことです。
当然、明日から劇的に状況が変わるわけではないだろうし(10年20年単位かも)
大切なのは、自動車のモラル、自転車のモラル、歩行者のモラル、要は人です。
自己中心的な車優先の概念を我々が変えて行くことがこれからの課題だと思います。

最後に、ヒキタ氏の危惧も載せておきます。

ひとつめは「自転車道」についてだ。
 自転車道が、必ずしも相互通行(最悪の例は亀戸の14号線でご存じの通り)
でなくてもよくなったのは、このメルマガでも既報の通り。
 また、自転車道、必ずしも柵(ガードレール)、縁石などの構造物で仕切らなくてもよくなった
(ペイントのみも可)ということもある。
 ただ、この通達の「第2 推進すべき対策」の
(1)アに、まずは「“自転車道”を整備することができる路線を精力的に抽出すること」とあり、
そして、その次の、イに「普通自転車専用通行帯(=自転車レーン)の活用」とあるのだ。
 つまり、優先順位は1に自転車道、2に自転車レーンということになる。
 だが、本メルマガの読者ならば誰もがご承知の通り、本来理想的なのは、
イの自転車レーンの方である。安全でスムーズ、かつ、費用がかからない。
 優先順位が明らかに違う。

 ふたつめが、全都道府県警への通達にもかかわらず「警察官乗車の自転車」について、
何の言及もないことだ。
 まずは白自転車こそ、でなくては。
 警察官が、車道左端を走り、自転車用ヘルメットをかぶる。
それでこそ、周知徹底も安全教育もなりたつというものじゃないか。
 というか、これをやらないと、すべてが絵に描いた餅になりかねない。
このことは非常に重要なのである。


うーん、なるほど。
スポンサーサイト

チャリ通と稽古の日々



<<10月27日 寒ぶっ! | ホームへ | 10月25日 本日のボルガライス>>
コメント
今朝のワイドショーでも取り上げられていましたが、
改正後の走行状況を実証しながら、やたらと
『危ない』『危ない』を連呼して、
視聴者に改悪なんだとイメージ付けてしまうような
ピント外れのコメンテーターしか居なかったです。

世の中の人々が、
いかに、実態も法も解決策も知らないか、考えていないか・・・ですね。

やはり、
10年、20年と必要な感じですかね(--;)
【2011/10/27 12:43】 | Fumi #- | [edit]
Fumiさん こんばんは♪
ワイドショーはそうなってましたかあ。
確かに東京辺りでは、現実的ではないと感じられるのでしょうね。
しかし、それではいつまでたっても変わらないし、
とにかく始めてみるところからですよね。
60才70才で、気分良く自転車に乗れることを楽しみにしましょう。
あっ、ご結婚記念日おめでとうございますv-411
【2011/10/27 22:20】 | koukeihaya #4jeLTJQM | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koukeihaya.blog85.fc2.com/tb.php/639-a1354052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。