タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャリ通と稽古の日々



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

5月4日・5日 京都大会

2011.05.07(23:56) 565

毎年5月の連休には,武道人の祭典「全日本剣道演武大会」通称,京都大会が行われます。
405IMG_4058.jpg
2日には居合道・杖道の演武披露が,3日は剣道錬士・教士の立合い,4日は教士七段の立合い,5日は教士八段と範士の立合いが,平安神宮横の武徳殿で行われます。

5月4日 大会中日

移動に費やした3日から一夜明け,朝5:15起床,レッドブルでドーピング
404IMG_4016.jpg

6:00会場到着,すでにかなりの方が見えられています。

6:30分稽古開始,元立ちは日本全国の八段の先生方。合格率1%の壁を突破した猛者ばかりです。
404IMG_4019.jpg

元立ちも多いのですが,かかる人間もそれ以上に多くて,結局1時間で3本しか出来ませんでした。しかし,お目当てのA先生には昨年の合宿以来久しぶりに稽古をお願いすることができたので,良しとします。

ボクの立合いは2番目なので,稽古後すぐに受付を済ませます。
404IMG_4025.jpg

早めに会場に入って心の準備をします。
404IMG_4021.jpg

8:30 2日目の立合い開始です。時間は1分30秒,あっという間にボクの番です。
404IMG_4042.jpg

結果は引き分けでした。しかし,内容は10-0でボクの負けでした。相手が女性という事もあり「こんな剣道をするだろうと」自分勝手に思い込み,事前にあれこれ思いをめぐらせていました。しかし,いざ始まってみると,それはそれは見事な構えと攻めの気迫で,完全に圧倒されてしまいました。参りました。勉強させていただきました。

会場ではこんな対戦表が張り出され,勝った方は記念に貰って帰る人も結構います。今年も持って帰れませんでした。次回の楽しみにしておきます(それが邪念か)
405IMG_4059.jpg

会場の外には武道具店が数多く出店しており,まさにお祭りの雰囲気そのものです。
404IMG_4024.jpg

少し離れた弓道場でも,高段の方の演武が行われていました。剣道同様,演武者と観客との間の張り詰めた空気が素人のボクにも伝わってきました。
404IMG_4041.jpg

朝稽古が行われた武徳殿横の武道センターは常に開放してあるので,一日中誰かが稽古をし,竹刀の音が絶えません。しばらくして,先日稽古をつけていただいたI先輩とその弟子達(大学生)と4人で,稽古をしました。

この日はこの後も,その先輩の立ち合いも拝見したり,大学のОB稽古会にも参加したりして過ごしました。
404IMG_4022.jpg

4:00に近くのホテルで行われた会議に出席して,この日は終了です。夜には,昨年の奈良の合宿の同期会が行われ,楽しいひと時を過ごしました。

5月5日 大会最終日 

この日の朝稽古は,昨日よりは人数の少ないものの,お陰で充実した稽古が出来ました。
405IMG_4048.jpg

朝稽古終了後,一旦ホテルに戻り朝食をすませ,再度武徳殿へ出向きます。

会場は超満員,立錐の余地もありません。

剣道人として最高峰の技の応酬に,観客の視線が熱いです。
405IMG_4052.jpg

特に,有名選手の立合いには会場中の視線が集中します。ボクも全日本強化コーチのF先生の放った面に思わず声が出てしまいました。

そして,後半は範士の立合いです。ここまでは普通の試合と同じく3人の審判が有効打突の判定をしますが,範士の立合いは「拝見」をするだけです。

当然,中段同士の立合いが多いのですが,こんな対戦も見られました。

上段 対 中段 どちらも超有名人です。
405IMG_4063.jpg

二刀 対 中段 正直以外です。
405IMG_4062.jpg

そして,なぎなた 対 剣道  なぎなた範士の凛とした佇まいが印象的でした。
405IMG_4061.jpg

まあとにかく,この二日間はどっぷり剣道に浸ることができました。ここに来ないと見られないこと,体験できないことばかりです。剣道の全てがここに集まっているといっても過言ではありません。剣道家の端くれとして,本当に勉強になった2日間でした。月並みな言い方ですが,ここでの経験を今後の稽古に活かしたいと思います。

武徳殿正門横にある石碑です。「風薫る左文右武の学舎跡」
4047IMG_4038.jpg

ボクの心にも爽やかな5月の風が吹き込んでくるようでした。(う~ん,陳腐だ)
スポンサーサイト

チャリ通と稽古の日々



<<5月5日 ベタベタ京都ポタ | ホームへ | 5月3日 いざ京都へ 後編>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koukeihaya.blog85.fc2.com/tb.php/565-c0d5dc08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。