タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャリ通と稽古の日々



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

それでも自転車に乗り続ける7つの理由

2009.12.15(10:30) 118

疋田 智 著 「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」読みました。
それでも自転車に乗り続ける理由V6012823

感想は,
さすが東大文学部(他に東大文学部卒の作家を知らないが,なんとなく)理路整然としていて言いたいことがよく解る!なにより,自転車への愛情がこれでもかと伝わってきます。それはもうクドイくらいに。

とくに興味深かったのは,2005年から2007年までの,道路交通法改正案に関する「闘争」のいきさつと顛末でした。ま,簡単にいえば,事故の減少と車の利便性の向上を目的に「自転車を車道から締め出そう」という法改正の動きと,どのように戦ったのかが書いてあります。「へ~え,そんな事があったのかぁ」でした。(詳しくはお読みください。)法改正にしろ放置自転車問題にしろ,行政側の意見(世間一般の意見も含めて)が,いかに自転車への理解と配慮を欠いたものかがよく解りました。

自転車をどのように活かすべきか?」「都市交通における自転車の可能性とは何か?」と,そういうことをついぞ考えたことのない人々が,自転車の「迷惑」を言い,本質に目を向けることを避けている。何よりも,そういう人たちに限って,通常の移動手段として,まったく自転車に乗らない。このことは私が肌で知る実感だ。
「いえいえ私は乗ってます」って?ウソを言うな,渇!
それでいながら自転車に対して知った風なことを言う。まずは「乗れ」といいたい。乗ってからものを言え,と。


ボクもきっと今年の6月までは,こんな些細なことは別にどうでも良かったことでしょう。しかし,ロードバイクで通勤したりツーリングに出かけたりするようになって,ヒキタさんの一言一言に思いっきり納得できてしまいます。

MTBでもロードバイクでもいい。一度でも10万円以上の自転車に乗ってみていただきたい。きっと私の言う意味が分かるはずだ。

ウン,ウン,分かりますとも。嫁よ聞いているか。もともと1~2万のママチャリがおかしいのだよ。自転車は高くて当然。自転車にお金がかかることは,生きていくために食事をすることと同じくらい自然なことなのだよ,明智君!

この,自転車に対する「愛でたい気持ち」は何なのだ?
たぶん,私(私たち)にとって,自転車は日本刀のようなものなのだろうと思う。もの言わぬ道具。だがそこには何か魂のようなものが宿っている。時代劇でよくみるように,そこにポンポンと天花粉のようなものを叩きつけ,メンテをする。武士にとってはあれも至福の時だったろう。それと似た感触がおそらく自転車にはある。


ウム,ウム,やはり,武道と自転車は同じカテゴリーだったのだな。

まあ,とにかく,これを読んで改めて決意したこと。
車道左側走行の厳守!信号の厳守!二段階右折の厳守!です。
スポンサーサイト

チャリ通と稽古の日々



<<自転車生活の愉しみ | ホームへ | 全剣連稽古会 in 京都>>
コメント
koukeihayaさん、最近文学少年(?)化していってますね~!!
今まで片町やキャバクラで遊びまくった過去ともサヨウナラですね(^^)

じょ、冗談です(^^;;


しかし僕も自転車に乗るまでは、車道を走っている中学生や高校生を毛嫌いしていた時期がありました・・・。今思うと本当に恥ずかしい思いです。
しかし老人用3輪自転車で、車道のセンターライン付近で、フラフラ走っているおばあちゃんには、やさしく「歩道を走ればいいんですよ」と教えてあげたいですね(爆)

信号は・・・。ゴメンナサイ。夜の帰宅ライドの時で、クルマが全然走っていないときは、信号無視しまくってました(TT)
これからはちゃんとします~m(_ _)m
【2009/12/16 23:50】 | タクヂ #- | [edit]
タクヂさん おはようございます♪
ご家族ともどもすっかりお体もよろしいようで。
ボクはインフルの予防注射もしていません(涙)

キャバクラには足を踏み入れたこともありません。
愛する奥様の顔が見れれば十分に幸せです。
うちの奥様に勝てる女性は居ません。奥様最高です。
愛してます,愛してます,愛してます。
LOVE・LOVE・LOVEです。ドリカムです。
聞いているか,嫁よ!知り合いが見てたら伝えておいてくれ!

さてと(汗),地味な裏工作はこれくらいにして
自転車が車道を走ってはダメ!なんてことになったら大変です。ロードバイクで歩道に乗り上げることなんてできないから,気持ちよく走ることなんてできませんよね。歩道を自転車が走っていい国は日本だけだそうです。諸外国からは野蛮だと見られているそうです。そんなこと今まで全然知りませんでした。弱者優先の原則が日本ではゆがんでいる現実を改めて認識しました。そのためにも,自転車専用道路などのインフラ整備は不可欠。そしてまずは自転車乗りのモラル・マナーの徹底が重要だと思いました。諸君!ルールを守るのだ。車偏重の社会から脱却するのだ。首相も言っているCO2削減25%は自転車からだ。あえて言おう,携帯電話片手に運転している中高生はカスであると(ギレン風)

根が単純なので,すぐに感化されやすいのです。失礼しました。
【2009/12/17 08:35】 | koukeihaya #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koukeihaya.blog85.fc2.com/tb.php/118-8f2fc881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。